ウコン,「命あるところ 希望あり 生きる喜びは 祈りから」私達は霊波之光 北部青年部です。希望と喜びあふれる私達の活動の広場を紹介いたします。" />

2010年10月16日

演劇ウコン

みなさ〜ん 晴れおはようございます(*^_^*) 
一昨日より、引き続きまして・・・、


もうすぐ かわいいかわいい新米奉上式かわいいかわいい
健康で食せることに ぴかぴか(新しい)感謝申し上げる尊い日exclamation×2


本日は、演劇ウコンのお話です。。
ウコン

中国名  郁金 、川玉金
生薬名  鬱金


ウコンとターメリックは、よく似ていますが、
生薬名では 皮と中身が灰褐色なのは「ウコン」、
皮も中身も鮮黄色のものを「姜黄(キョウオウ)」といいます。
日本でいうところのウコンは、生薬の姜黄にあたります。

ショウガ科の多年草植物で、
カレー粉の主原料や香辛料として用いられるターメリックは、
姜黄の英語名です。
日本国内では沖縄や九州南部に自生、あるいは栽培されています。

沖縄では琉球王朝の頃より、
効能の高い貴重な薬草として珍重されてきました。
その効能は根茎塊根部分にあります。


ひらめき中医学的な効能
@血行をよくし、血の滞りによる痛みを止める
A気の巡りをよくし、鬱滞した気分を解消する
B血液中にこもった余分な熱をおさめ、動悸を鎮める
C黄疸を解消する

※ターメリックの効能は@のみで、ウコンより血行をよくする力が強い。。


ひらめき期待できる適応症
@気滞による肝の機能低下、お血により気の巡りが阻害されて
 胸・腹・胸肋が張って痛む症状、月経不順、腸内に
 塊やしこりができて痛む症状
A湿熱や湿濁の邪気によって意識が昏迷してしまう状態、
 胸腹部のつかえと膨満感、腫瘍、流行性B型脳炎・流行性脳炎・
 脳卒中による意識不明、精神病
B口が苦い・口が渇く・手足が熱くなる症状、黄赤色の尿など気
 が熱になって引き起こす症状、血熱による嘔吐・鼻血・血尿など
 の各種出血


ひらめき有効成分
ターメリック:クルクミン(黄色色素で、胆汁や胃の分泌を促進し、
肝炎・胆嚢炎・胆石に効果があり、食物の消化・吸収も高める)などです。。


ひらめき備考
・ピクルスやマヨネーズ、生クリームを使ったソースの色づけなどにも用いる。
ウコンは使いすぎると苦くなるので注意してね手(パー)わーい(嬉しい顔)

・姜黄は風寒の邪気などが肩や背中に入って痛みが出たとき、
それを通すのにも使われたりしますよ。。



霊波之光 RHK 青年部 黒ハートモモ
posted by 管理人 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41317865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック